JA5CATの掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


106件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[108] JR5WN局の草刈り

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 9月19日(木)22時16分49秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

地域クラブの支え
9月15日、土佐町防災ハムクラブの方々で三辻山JR5WN局の草刈り作業をしていただきました。
お陰様で、レピータ局は順調に働いています。
地域に支えられている広域レピータ局です。多くの各局の運用、ご利用していただければと思
います。
暑さ厳しい折、局の管理にご尽力くださいました土佐町防災ハムクラブの各局さんに御礼申し上
げます。 代表者 JA5CAT




[107] バランの試作

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 9月13日(金)08時58分2秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

ソーターバラン
塩ビパイプを利用してバランの試作をしてみました。一つは1.5-2vでコアーに巻いたソーターバラン。二つ目は、1mmのEC線で巻いたソーターバランです。巻き数が多くなると低い周波数に対応しますので巻き数は5回にしました。結果は50MHZで同軸の方が若干反射が低くなりました。
塩ビパイプ接着ノリで蓋をして終了。 ついでに、製作してあった1:4のHF帯BALUNも収納ケースに入れました。



[106] テスターの不具合

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 9月 5日(木)21時38分35秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

SH88TR
数週間前、知り合いの局を通じてテスターの持ち込みがあった。Sanwa SH88TRでそこそこFBな測定器。「自信はないが」と言うことでしたが、ダメなら不燃物に!!。テストでは電圧OK、抵抗の導通試験で針がわずかしか振れない。多分導通状態で電圧がかかったのでは?。
回路図は見つからないので、順次手探りで部品のチェックから。+側の抵抗が熱っぽい感じがあった。この測定器は部品がすべてチップで接続されている。慎重に外しながら調べるとダイオードのショートが判明。部品が小さく筐体がセパレートになっており四苦八苦。手持ちの部品で交換、テスト棒の差し込みピンの半田付け補修などして何とか復旧した。やっとお返しの運びです。やれやれ?



[105] 50Mhz-DP-Ant2

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 9月 3日(火)19時32分51秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

WBand-Ant
試作の50Mhzエレメントを10,7MhzのDPに繋ぎ、W-Bnd-Antにして給電部を10mhに上げました。調整時にはエレメントを長めにしてましたがヤッパリ上げますと周波数は高くなってました。5cmで50.0から50.90付近まで高くなりました。
調整時には水平、給電部を持ちあげましたのでインピーダンスの関係もあると思います。10,7Mhzへの影響は全くありませんでした。
テストのRigは、IC706-10wのHF機です。50Mhzの運用にはHF帯のAntに50Mhz
のエレメントを添わすだけで出来ますので簡単で便利です。また、50の共振コイルを入れるのも一つの方法かもしれません。巻き数はHF帯の長さに換算しなくても良いと思います。
皆さんの試作、実験結果など記載いただければ参考になると思います。TNX-es



[104] 50Mhz-DP-ant

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 9月 2日(月)20時02分48秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

HF+50MHZ
CWのロールコールが盛んになっています。50、144、430Mhzで毎夜20:30から山クジラクラブが開催しています。当局も時々参加させてもらってます。Key局によっては、CW-DOで挨拶も頂けます。
ということで、HF-ANTに50MhzのDPを追加しました。HF-ANTは、10Mhzと7Mhzのコイルを入れた逆Vです。50の共振コイルにするか迷いましたが簡便法でW-DPにしました。まだ、未完成ですが使えそうです。
給電部に、エレメントを接続しましたが、HF-ANTと切り離して縁を切ってもどうか?と考えます。如何に簡単に効率よく製作するかです。
51.00でSWR1.5まで調整してましたが、エレメント調整CW-50.10調整の過程で2.0となり終端の始末がまだできてません。テストですから、上にげれば周波数は高くなりますのでしばらく様子見で仮設的です。写真は見ずらいですが梯子のセパレーターです。
レポートいただければ有難いです。




[102] Re: Hallicra Linear Power Amp

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 8月26日(月)21時02分31秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用 > No.101[元記事へ]

> > HT33A
> > HF 80,40,20,15,10mの5バンドで1KWのリニア―アンプ(ハリクラ社)をメンテしました。高耐圧のC、Rを
> > 保管して良かった。AC電源は117V、PL172の5極管です。フィラメント、高圧もOK。
> > 次は、ANT,BIASのスイッチング回路の設計です。



[101] Re: Hallicra Linear Power Amp

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 8月26日(月)21時01分21秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用 > No.100[元記事へ]

> HT33A
> HF 80,40,20,15,10mの5バンドで1KWのリニア―アンプ(ハリクラ社)をメンテしました。高耐圧のC、Rを
> 保管して良かった。AC電源は117V、PL172の5極管です。フィラメント、高圧もOK。
> 次は、ANT,BIASのスイッチング回路の設計です。



[100] Hallicra Linear Power Amp

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 8月26日(月)20時59分17秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

HT33A
HF 80,40,20,15,10mの5バンドで1KWのリニア―アンプ(ハリクラ社)をメンテしました。高耐圧のC、Rを
保管して良かった。AC電源は117V、PL172の5極管です。フィラメント、高圧もOK。
次は、ANT,BIASのスイッチング回路の設計です。



[99] PCのSSD化

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 8月21日(水)13時31分14秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

HDDをSSDに
今日、SSDによる高速化を良く見聞きします。フォーマットやドライバーインストールetc苦手な当局が手掛けることが出来ないか!皆さんのご意見など伺ってきました。結果、inateck-HHDスタンドを使って、PCに接続することなく、SSDに丸ごとクローンを試みました。HHDもSSDも差し込み簡単。
最初は、cloneボタンを押すタイミング、強さなどに若干手間取りましたが、意外と簡単にデータ移行処理が出来ました。25%の青色led点滅から約1時間で75%、その後 外出しまして 帰ってきますと100%までのすべてが点灯し完了していました。ですから1時間半位で丸ごとクローン出来たと思います。
早速本体に組み込み無事終了。見事に高速で気分も爽快です。



[98] Re: アンテナの給電実験(再実験)

投稿者: JA5CAT 投稿日:2019年 7月24日(水)17時58分11秒 opt-27-120-144-30.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用 > No.97[元記事へ]

>  執拗に9エレ八木アンテナの給電実験を続けました。
> 給電部からハシゴフィーダーで繋いでUバランでマッチングをとる方法です、
>
> アンテナはFD-ダイポール ハシゴの間隔25mmで1/2×短縮率 910mm
>  Uバランは50Ωの同軸で4対1 300mmの折り返し

76の実験に引き続きです。
Uバランをブームに取付け方に少々疑問を持っていまた。取付はフロントORバック方向いずれでも と
思ってました。反射の違いが生じてました。気がかりで、梅雨明け でもありますので方向を変えて
試験してみました。
結果は、バック方向にUバランの始末をした方が広域で反射値が安定します。理論は良くわかりませんが、バランスよくブームに取り付けることだと思います。
諸言は、76せ示した値です。144.100のSWRは1.2で収まっています。地上高1.5ですから、上げますと更に低くなると思います。
当局のシャック 暑くなりますので 夏バージョン でしばらく使います。山クジラクラブのCWロールで皆さんからレポートを頂くようにしたいです。 SWR計測の値が見えないですが1.2でした。


レンタル掲示板
106件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.